風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2005-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ム…ムグれない…。

0505ibotanokis1.jpg

イボタノキの花の蜜を吸いにやってきたハナムグリ君。
花にもぐりこんで蜜を吸うことから、この名がつけられたということですが…花の小ささに四苦八苦しているように見えました。
スポンサーサイト

いちご♪

0505sirobananohebiitigos1.jpg

富士山の1000mちょっとの道端にたくさん咲いていたシロバナノヘビイチゴです。
ヘビイチゴと名前につくのですが、ヘビイチゴとは違い、果物のイチゴと同じオランダイチゴ属。
もう少ししたら果物のイチゴと同じ形の実がなるので、一つ二つ、つまんでみようと思っています。
ただ…大きさが1・2cmくらい…食べるにはチッチャすぎるのですが♪

桜の実

0505sakuranomis1.jpg

なんていう桜なのか、確認できませんでしたが、とにかく桜の実です♪
すべての桜の実がサクランボになればいいのに…と思った私です(笑)

何色?

0505mitubatutujis1.jpg

27日掲載の紅紫色のミツバツツジの仲間のところまで行ってみました。
図鑑では紅紫色と表現していたのですが…。
確かに赤紫色とは違います。
でも~紅紫色と赤紫色は~どう違うの~分からないぞ~。
…などと駄々をこねてみました(笑)
じゃあ何色っていえばいいの?
…と聞かれると困ってしまうのですが♪

これ、コバノミツバツツジあたりかと思うのですが、葉が開いてみないことには確証がもてません。

富士山の山

0505hujisans3.jpg

富士山にもいろいろなふくらみがあります。
写真、中央上のちょい左側、こんもりと盛り上がっているのは二ツ塚でしょうか。
そうすると、その向こうには宝永山があるのかな。

ひな?

0505maidurusous1.jpg

時期が早く、花びらが反り返っておらず、マイヅルソウらしくないマイヅルソウです。
そういえばユリ科なのに、花びらが6枚ではなく、4枚なのですね。

どこがどう?

0505toubokus1.jpg

苔むした倒木を見ると、自然の中にいるなぁ…と感じます。
落葉樹の林っていいなぁ…。

ホワイトバランス

0505hakonesiroganesous1.jpg

この写真、AWB(オートホワイトバランス)で撮ったのですが、だいぶ狂っていたので、後から修正しました。
次回からは気をつけよ~。
森の木陰でドンジャラホイと…倒木から生えていたシロガネソウです。
いまだにハコネシロガネソウとの区別がつきませんが…。

雪解け

0505hujisans2.jpg

御殿場口からの富士山です。
近づいて見ると、いろいろな起伏があるものですね。

いかりそう。

0505ikarisous1.jpg

いえいえ、おこってはおりません。
イカリソウという名前の花です。
私が見るイカリソウは白い花ばかりなのですが、この花はちょっと濃いめに色づいていました。
地域によっても違うようですね。

てるてるぼうず♪

0505amadokoros1.jpg

てるぼうず~♪あ~した天気にしておくれ~♪
たくさん、つるしてみました。
切なる思いです。
花はアマドコロさんでした。
けっして雨処ではありません。甘野老と書きます。

立てば♪

0505shakuyakus1.jpg

シャクヤクです。
畑のわきで育てられていました。
なんとなくヤマシャクヤクの後なので掲載してみました。

大きな花

0505yamashakuyakus1.jpg

雨の林の中に咲いていたヤマシャクヤクの花です。
3~4日で散ってしまうそうなのですが、散った花びらの隙間から鮮やかなシベが見えました。

綿毛じゃない…。

0505yabutabirakos1.jpg

最初に見たとき、なんのタネなのかなぁ…と思いました。
近くには、ちゃんとヤブタビラコも咲いていたのですが。
茎をたどっていくと…やっぱりヤブタビラコが…。
オニタビラコは綿毛なんだけど…。
調べてみると…タンポポ亜科で綿毛でないのは、ヤブタビラコ属のコオニタビラコと、このヤブタビラコくらいのものなのだそうです。
どうしてかなぁ…と思ったのですが。
まあ…飛べない鳥もいるんだし(…ちょっと違うか。)

0504ames1.jpg

日曜日、2度、雨に降られてしまいました。
これは1度目のようすです。
雨の情景も嫌いではないのですが…。

清流

0504nagares1.jpg

この流れの近くにはワサビ田がいっぱい。
いい水なのでしょうね。
シャッタースピード1/2秒で撮ったのですが、効果が今ひとつ。
狙いどころが悪かったようです。

新技バッタドロップ

0505battas1.jpg

タイトル、ちょっと、無理やり投げやりのやりっぱなしのやり逃げです。

スポットライト

0505hanaikadas1.jpg

ハナイカダの花に光が当たっていました。
でも…葉っぱはユラユラ…光の位置もあっちに行ったりこっちにきたり…。
写真より、もっと右下に私の指があります(笑)

お~ば~ん、こ~ば~ん~が~♪

0505kinrans2.jpg

ザック、グッフ、ゲッルググ~♪

キンランです。
たまには妙なコメントで煙にまくのもありかと(笑)

しましま

0505hosobatennanshous1.jpg

ホソバテンナンショウ…だったでしょうか。

黄緑と白のストライプ、中に入ったら気持ちよさそう(?)
クモ君に内部を諜報してもらいましょうか。
クモだけに…( )。
( )内は、ちょっと言うのをためらいました(笑)

春コレ何これ

0505hamadaikons1.jpg

どれも、先日、同じ海岸で撮ったハマダイコンの花です。
探してみると、いろいろなファッションのものがあるものですね。

なぁーにぃ~?

0504robas1.jpg

ポニーよりも愛嬌があっていいなぁ~と、遠くからロバを観察。
じーっと見ていると、ロバ君、草を食べながら、こちらにジリジリと近づいている。
あっ、目が合った。もう目と鼻の先。
目と鼻の先といっても、ロバ君の場合は、けっこう長い。

なんだろ

0504amezaikus1.jpg

GWのため、花や自然とは関係ない写真ばかり続きますが…。
あれとあれは分かるんだけど、あとは知らないなぁ…。
最近は、ウルトラマンとか仮面ライダーとかは、やっぱりないんですね。

う~み~は~♪

0504umis1.jpg

どこかの親子が浜辺に。
思わず…ひろい~な~お~き~な~♪

んべぇ~♪

0504koyagis1.jpg

GW、酪農王国オラッチェなるところにも行ってきました。
そこで一番惹かれたのが、この子ヤギ君でした。

待って~!

0504yuukeis1.jpg

GW、おおむね、いい天気でしたね。
4月30日の写真です。
GWが終わるのも早く感じてしまいますが、夕日が沈むのも速いです。
海岸を運転中、夕日に染まる空と海を見てすぐに停車したのですが…。
準備をして車を出て構図を考えているうちに、もうこんな状態でした。
太陽がもう山の向こうに…。

ただただ

0504kappas1.jpg

姫の沢公園で気になったもの。
池にチョコンと座った河童。

遠くに泳ぐや

0504koinoboris2.jpg

携帯デジカメで撮りました。
熱海市の姫の沢公園です。
遠くに鯉のぼり、見えるでしょうか。

木々の波

0504koinoboris1.jpg

「山笑う」というのは春の季語だそうですが、4月中旬から、山を見ると…「あっ…笑っている」と感じることが多くなりました。
えっと…私の気は確かなのでしょうか(?)

小~さ~い、緋鯉は~♪

0504yamaengosakus2.jpg

ヤマエンゴサクです。
赤味がなく、凄く水色でした(?)
シーズンに合わせて、鯉の子どもたち…ちょっと無理がありますね。

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。