風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2006-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の天気



この写真は雨上がりですが、その後、晴れわたりました。
…かと思えば夕方には濃い霧が。
車で移動しながら、富士山を1/4周くらいしたでしょうか。

0605momijis1.jpg


0605kinokos2.jpg
スポンサーサイト

一番乗り♪



雨がやんですぐに、駐車場からこの写真を撮った小富士に向かいました。
去年行ったときには、だいぶ人がいたのですが、この日は朝からの天気もあり、私が着いたときには、貸切状態でした。

0605hujisans10.jpg

これらの写真はもちろん富士山です。

0605hujisans9.jpg

だんだんとアップに。

0605hujisans8.jpg

疑惑(笑)

小さい写真はクリックすると大きく表示されます。



遠目に、あっ!キツネ!!と思ったのですが…。

0605inus2.jpg

どうやら犬…のようです(笑)
おとなしい犬で最後まで、その鳴き声を聞くことはありませんでした。

こさ~じゅ



コミヤマカタバミの花を中心にシダとミツバツツジの葉でしょうか。

下の2枚は、おまけのアシタカツツジです。
サイトへのアップを省略するので、こちらに掲載。

0605asitakatutujis1.jpg


0605asitakatutujis2.jpg

ほっとけ~き



たくさんあるハート型の葉は、マイヅルソウの葉です。
キノコは…わかりません(笑)

愛鷹山塊



手前に見えているのはミツバツツジでしょうか。

0605yamas5.jpg

残念ながら富士山は雲で見えなかったのですが、山の稜線を歩いていくと、ときおり展望が開けました。

0605yamas7.jpg

山の季節は新緑。

0605yamas6.jpg

…ということで山の名前の説明もないまま(笑)…4枚アップしてみました。

どうきょ



コミヤマカタバミの花に小さなハサミムシのようなものが。
よく見ると下にも赤い点のようなもの。

0605komiyamakatabamis1.jpg

むりっ!



お~!なかなかスゴイ崖だなぁ…。
こわごわ近寄ってパチリ。
ふと左側の十数メートル先の崖を凝視すると…。

0605yamas2.jpg

アカバナヒメイワカガミの赤に混じって、なんとなくピンクかも…と思えるような点が…。
うっ…あ…あれは…もしや…と思ったのですが…。
あそこまでの行き方をいろいろ試行錯誤したものの断念。

0605yamas3.jpg

家に帰ってから、画像を最大にしてみると…。
やっぱり!コイワザクラでした。

その後、他の場所で無事、コイワザクラを撮ることができました。
無理せずに、生きていてよかった(笑)

着地点は…。

イモムシです。お嫌いな方は、ご注意ください。
※写真をクリックすると大きく表示されます。




けっこう長い時間、この体勢でいました。
何をしているのでしょうね。

大入



5/21、愛鷹山の越前岳に行ってきました。
ご覧のように、駐車場は満杯。
どうにか1箇所だけ残ったスペースにとめました。

0605hujisans4.jpg

富士山が見えたのは、このくらいまででした。
時間がたつにつれ、富士山のまわりに雲が増え、
見えなくなってしまいました。

赤花夕化粧



先週の写真です。
アカバナユウゲショウ。
ずいぶんと艶っぽい名前ですね。

0605akabanayuugesous2.jpg


0605akabanayuugesous3.jpg

明日の朝、早起きの予定なので、これで…。

かがみよかがみ…。



ヤマイワカガミです。
花の時期にはまだもうちょっとでした。
それにしても、さすが「かがみ」と名のつく葉っぱです。

0605iwakagamis1.jpg

こちらはイワカガミ。
こちらもまだ花を開いてはくれていませんでした。

0605yamaiwakagamis2.jpg

ちょっとした崖のようなところがあれば裏をのぞきこみ…やっと一株だけ見つけたヤマイワカガミの花です。

なんのはなばたけ



すごっ…。
群生していました。

0605hahakogusas2.jpg

いったい何があったのかと聞きたくなるような
ハハコグサの群生です。

0605hahakogusas3.jpg

只今準備中



コオロギの子どもです。
ウキヤガラの小穂にカクレンボしていて、全身が
見えなかったので、ちょっとつついてみました。
あっ…落ちた…。

0605koorogis2.jpg

…と思ったら…葉の上に無事、着地。
まだまだ脱皮前で鳴くための羽根もありませんでした。

海坊主



ちょっとさかのぼって、ゴールデンウイークの話ですが。
海に行ってきました。

0605kanis1.jpg

弟です(世間一般では「おい」と呼ぶそうですが・笑)

もろもろ

5/3撮影分のサイトの更新をしました。
その他にも、もろもろ咲いていたので、一部をこちらに。



ミヤマハコベです。
普通のハコベと比べると花が大きく、最初に見たときは、ちょっと驚きました。

0605tubosumires1.jpg

ご存知???ツボスミレです。
セミでいうとツクツクホウシでしょうか???
他のスミレに比べて遅めに出てくる小さなスミレです。

0605ooamanas1.jpg

オオアマナです。
帰化植物ですが、今でも園芸用に植えられていることも多いようです。
これらは、どうなのでしょうね。

0605himerinngos1.jpg

ヒメリンゴでしょうか。
ちょっと自信がありませんが…実のなる10月になれば分かるかも(笑)

とおりすがり



ちょっと気になってよってみました。
4月から探していたサワトラノオの花が咲いていました。
携帯電話のデジカメでパチリ。

0605sawatoranoos1.jpg

こちらも携帯電話のデジカメですが、日曜日にちゃんとしたデジカメで撮ってきました。
そのうちサイトにアップしようと思っているのですが、その前に5/6毛無山の散策分の更新をしないと…。
今日も更新したので、だいぶ追いついてはきています。

白い雲



池のほとりにニガナが咲いていました。
明日は、これほどはいい天気にならないだろうなぁ…。

ちゅうわ

一番上の写真はクリックすると大きく表示されます。
イノシシの頭がい骨です。お嫌いな方は、ご注意ください。




…といっても、小さい写真でも見えてしまいますね。

0605sinryokus1.jpg

…ということで、せめて爽やかな新緑を。

0605sinryokus2.jpg

すみれ

今日、サイトの更新をしたのですが、掲載しなかったスミレを3種。



葉が細いけど…ホントにエイザンスミレ???
と思うようなエイザンスミレ(一応・笑)。

0604hikagesumires1.jpg

日の当たる斜面に咲いていたヒカゲスミレ。

0604marubasumires1.jpg

ニリンソウと一緒に咲いていたマルバスミレ。

日よけ



倒木に寄り添うようにシコクスミレが咲いていました。
わりと、こんなところが好きな植物って多いようです。

0604yamaengosakus1.jpg

こちらは、赤いのですが、ヤマエンゴサク。

0604yamaengosakus2.jpg

苞(花のすぐ下の葉)を見ると、確かに切れ込んでいました。
ジロボウエンゴサクの苞には、切れ込みがありません。

お花見



引き続き、伊東市の林泉寺です。
ピントはお地蔵様。

0605hujis5.jpg

さらに、あおって、お花見気分。

0605hujis3.jpg

ん?
あんなとことで、掃除をしている石像が。

一株???



5/5分にちょっと登場した伊東市にある林泉寺の藤の花です。
後で調べて驚いたのですが、このお寺には藤の木が2本しかないのだそうです。
その2本は離れた場所にあったので…この写真に写っているのは、そのうちの一本の一部ということになります。
なんでも樹齢200年余の大木なのだそうです。

0605hujis2.jpg


0605hujis7.jpg

次回はこのお地蔵さんをメインに♪

大きなミツバチ

0605momijiitigos1.jpg

おっ!いい感じのモミジイチゴ!
…と見ていたら、ミツバチがやってきました。
やっぱり魅力的なのでしょうね。



昆虫って難しい…。
顔は見えませんが、たぶん「クロマルハナバチ」でしょうか。

0605kumabatis1.jpg

大きな体をしていますが、おとなしいミツバチだそうです。
毒性もそれほどないようですが、刺されたら嫌です(笑)

腰のくびれたスズメバチのようなハチを見たら、すぐに逃げます。
写真なんて撮っている場合ではありません♪

地元の山

伊豆スカイラインを走ってきました。
有料なので、もとをとろうと何度か車を停めて写真を♪



富士山です。
その左手前が愛鷹山塊の右の部分です。

0605hujisans2.jpg


0605numaduarupusus1.jpg

海の手前に見えるのが、ご存知???沼津アルプスです。
一番右が香貫山、一番左の一番高い山が標高392mを誇る???鷲頭山です。

伊豆の瞳?



「伊豆の瞳」といわれている一碧湖ですが。
これらの写真は、その瞳にくっついている目尻?の部分。
大池に対して沼池とよばれている小さな池です。

0605ippekikos1.jpg

ここにいたマガモ君のように、私も人のいない方へいない方へと。
大池と比べると、こちらの沼池はだいぶ静かです。

0605ippekikos4.jpg


0605ippekikos3.jpg

???



あらら…これが何か…わからなかった私…。
とりあえず、器の中の茶色い液体を小さなヒシャクですくって、この10cmほどの像に注いできましたが…。
何?この儀式は…。
家に帰ってから調べてみました。

考えてみれば、この像、右手の指で天を指し、左手の指で下を…。
あ~あ~あ~。
お釈迦様でした~(笑)
天上天下唯我独尊のポーズ♪
そしてヒシャクで注いだ茶色い液体は…甘茶。
なるほど~これでつながった(笑)

0605oshakasama2.jpg

そんな私がなぜこの寺に。
それは藤がおめあてなのでした。
いろいろ撮ってきたので、またこのブログに掲載させていただきます。

写真中央下の小さな屋根の下にお釈迦様がいらっしゃいました。

しばざくら

0605sibazakuras2.jpg

5月3日。
ちょっと気になっていて立ち寄った伊東市の松川湖。

0605sibazakuras4.jpg

芝桜がたくさん咲いていました。

0605sibazakuras1.jpg

釣りを楽しむ人もたくさんいました。

ねたぎれ

こ…こまった。
サイトの方の更新をちょっとさぼっていたら…花の写真がたまるいっぽう。
ゴールデンウイーク中に暇をみつけて、なんとかしなくては~♪



アマドコロです。

0604kijimusiros1.jpg

キジムシロです。

一方、ブログはネタ切れ状態。
明日、なんとかまとめて撮ってくる予定です。

かすかに富士山



富士山のふもとを車であちらこちらへと歩き回ってきました。

0604kesikis2.jpg

ウロウロ。

0604sakuras2.jpg

ウロウロ。

 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。