風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2006-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこ・きのこ・きのこ



先日、「たらこ・たらこ・たらこ」という歌を聴いてショックをうけたので、こんなタイトルに(???)

0609kinokos3.jpg

きのこって、わりと暗いところにあるので撮りにくいんですよね。

0609kinokos4.jpg
スポンサーサイト

マンション



またまた登場の倒木さんです。

0609toubokus2.jpg

その裏側は…。
キノコの住みかになっていました。

この日は風が強く、古い木の多い、この森では、遠くで木が倒れる音を3度ほど聞きました。
思わず逃げ方のシュミレーッションをしてしまいました(笑)

秋の田んぼ

またまた携帯電話のデジカメで撮ってみました。



「稲わら」というのでしょうか。

0609hujisans4.jpg

一週間後、だいぶ片付いていました。

夏が終わり、富士山もその姿をよく見せてくれるようになってきました。

三者三様



日曜日、お墓参りに行ってきました。
カメラを持っていなかったので、携帯電話のデジカメでパチリ。
ちょっと見にくいのですが、連結したトンボが見えるでしょうか。
赤トンボにはいろいろな種類があるそうで…。
この写真からは確認のしようもないのですが、なんとなく、
そのときの状況から「コノシメトンボ」かな…と思っています。

私の影と水面に映った2人。
トンボとの記念写真です(笑)

すべりこみ

0609higanbanas1.jpg

彼岸は秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間のことなのだそうで…。
今年の秋分の日は23日、ぎりぎりセーフで今日は彼岸です。
…ということでヒガンバナを一枚。



こちらは、もう実をつけ始めているものもあったヒヨドリジョウゴの花。
その実も秋が深まるにつれ赤くなっていくことが予想でき…楽しみです。

0609oobutakusas1.jpg

最後に、黄色と緑の鎖のようなものはオオブタクサの花序です。
嫌われものの雑草ですが、こうして見ると、なかなかいい感じ…かも。

元気な野菜



川の土手に咲いていたニラの花です。
これがニラレバのニラなんですよね。
畑でも栽培されている野菜なのですが、
そこらじゅうに自生しています。

0609niras1.jpg

ニラといっても花の蜜は甘いようで、いろいろな昆虫が訪れます。

0609niras2.jpg

ハナアブ君には失礼していただいて(吹いてとばしました・笑)
ニラの花だけをパチリ。

ズームアウト

身近な野の花(雑草?)です。



かなりのマクロです。
風も強かったのでブレているのはご愛嬌ということで(笑)

0609himemukasiyomogis2.jpg

またまたピントもうすい。
ピントをどこに合わせたらいいのやら…。

0609himemukasiyomogis4.jpg

ちょっとひいて。
頭花が直径3mmほどの花です。
ご覧になったことありますよね。

0609himemukasiyomogis3.jpg

空地に群生していたヒメムカシヨモギの花でした。

雨あがり

月曜日は雨でした。
昼過ぎに雨がやんだので、近場を散策。



雨の後は花がなかなかシャキッとしていないのですが、しずくもなかなかおもしろいかも。
クズの葉の間から顔を出しているツルボの花です。

0609noazukis2.jpg

こちらは、重そうな水滴をつけていた、ノアズキの花。

0609murasakitumekusas1.jpg

そして、まだがんばって咲いていたムラサキツメクサの花です。

花見?



子どものショウリョウバッタでしょうか。
アレチウリの花をながめているように見えました。
「くえるのかなぁ…」とか思いながら見ていたのでしょうか。

あさがお?



雨上がりの日曜日夕方の散策。
道端で、つぼんだ白い花を発見。
葉を見るとアサガオの葉です。

0609mameasagaos3.jpg

調べてみるとマメアサガオという帰化植物のようです。
それにしても、この手の花は雨降りや午後は花が開いていてくれませんね。

0609mameasagaos2.jpg

マメアサガオの実です。
葉もそうですが、アサガオらしい実ですね。
花は…開いているところを見たかったなぁ…。

あらら



クズです。
どこまでも登っていくものなんですねぇ。
でも、これはちょっとスゴイかも。
感電しないのかなぁ…。

明日にでも…。

もうサイトの更新をする予定なのですが、更新に含めない花を2種、こちらに掲載(笑)



イヌヤマハッカでしょうか。
もう花を散らし始め、花の時期よりも萼(がく)が大きく変な形に。
萼も大きくなるんですね。

0609iwaakabanas2.jpg

イワアカバナです。

0609iwaakabanas1.jpg

こちらも実をつけ始めているものもありました。

夏から秋へ



もう秋なのですが、まだまだ天高くとはいかないようです。
日曜日、ソフトボールの試合をしてきたのですが、予報に反して、午前中はよく晴れ、とても秋とは思えませんでした(笑)

0609hujiazamis3.jpg

この時期、富士山の五合目あたりを彩っているのは、このフジアザミでしょうか。

仮面

小さな写真をクリックすると大きく表示されます。
※ 昆虫がお嫌いな方は、ご注意ください。




バッタといえば仮面ライダー???(笑)

0608battas1.jpg

よく知った花



ずいぶんと赤いなぁ…。

0609komatunagis1.jpg

私が知っているコマツナギとは違うような気もしたのですが、
やっぱりコマツナギのようです。

0609otokoesis1.jpg

すいぶんと小さいなぁ…。

0609otokoesis2.jpg

とてもオトコエシとは思えなかったのですが、
これもオトコエシのようです。

環境が違うと同じ種でも、ちょっと変っていたりすることがあるんですね。

どちらが弟?



富士山の双子山の低い方から、双子の兄ちゃんと大兄ちゃん(宝永山)を撮りました。
もちろん低い方が弟とはかぎりませんが♪

0609hutagoyamas2.jpg

3兄弟に見えないこともないですよね(笑)

0609hutagoyamas1.jpg



土曜日、富士山の双子山(二ツ塚)周辺を歩いてきました。
歩き始めは、霧が出ていたものの…

0609gotenbas2.jpg

…しばらく歩いていると晴れ始め、それにつれて、
山の間の向こうに消えていくように行進しているような人人人が、
はっきりと見えてきました。
まさか、こんなに人がいるとは…。

0609gotenbas3.jpg

天気は上々、たくさんの汗をかきました。

おにゅ~♪

以前の携帯電話を使い始めてから2年半。
量販店を歩いていると…なんか携帯の去年のモデルがだいぶ
安くなっている。
パンフレットをもらって数日熟考(笑)
買い換えてしまいました…。



ふと撮るものはないかとキョロキョロしていると、バイパスで
アオマツムシが飛び乗ってきました。
しばらく走っていても落ちない。
バイパスを外れたところで停車して撮りましたが…。
あらら…ちゃんとやっているのにピントが合わない。

0609aomatumusis1.jpg

気を取り直して、余裕をもって停まれるところで、再チャレンジ。
どうも小さなものにはピントが合いにくいようです。
他のものでピントを合わせてから撮ったのが、この写真です。
すべての携帯電話がというわけではないと思いますが、
携帯電話のデジカメも進歩したかも。

0609aomatumusis3.jpg

等倍でトリミングしても、それほど粗が目立ちませんでした。

大群



羽を広げた鳥のようでしょうか、それとも昆虫?

0609kawarakerumeis1.jpg

花は広げていませんでしたが、カワラケツメイです。

0609kawarakerumeis3.jpg

花の終わったクサネムとは道路をはさんで反対側、こちらにはカワラケツメイが群生していました。

すすき

0609susukis1.jpg

山の道にススキがたくさん生えていました。
まだまだ穂は堅く細いのですが、秋が深まるにつれ、
フワフワになってくるのでしょうね。



そうそうススキも秋の七草の一つ。
そこでは、かつてのヤクルトのエースの名前で呼ばれています。
尾花。

幾何



マツムシソウの花です。

0609matumusisous1.jpg

ノイバラの間から顔を出していました。

0609matumusisous2.jpg

どうしてこんなおもしろい形をしているのでしょうね。

遅かったか…。



だいぶ前から葉っぱを見つけていて、カワラケツメイかなぁ…。
と思っていた花の正体がクサネムだと判明しました。
でも、1~3週間ほど遅かったようです。

0609kusanemus2.jpg

花は閉じ、だいぶ実もつけてしまっている状態でした。
来年かぁ…。

0609kusanemus1.jpg

がさごそ



タイアザミでしょうか。
アザミの花に顔をつっこんで、忙しそうにしているミツバチさんです。
写真を撮っていると、私を追い払おうとするように何回か私の方に飛んできました。
見られていると気が散ってしまうのでしょうか。

0609taiazamis1.jpg

今度は



日曜日、午前中の天気はなかなかよく。
富士山がちゃんと見えていました。

0609hujisans3.jpg

さて今回は山頂でも見られるかな。
中腹で、なんか雲が出てきているようす。
嫌な予感が的中し…。
またまた山頂に着いたときには富士山は雲の中でした。

いばら



ノイバラでしょうか。
つやつやとエナメルっぽい光沢のトゲトゲです。

0609noibaras2.jpg

こんなものの生えた道は歩きたくないなぁ…。

どらごんふらい



オニヤンマだぁ~…と思って撮り始めたのですが、違いました。
ルリボシヤンマか、オオルリボシヤンマのようです。
トンボにもいろいろとあるんですね。
背中なんかの青っぽい点々が瑠璃星なのかな♪

あやしい



薄青紫色というのでしょうか。
妖しいのか怪しいのか。
毒かどうかは不明ですが…。
誰も食べようとは思わないでしょうね。
食欲はあまりそそらない色です。

白とピンク



またまたネタ切れ気味で、サイトに掲載しなかった3種を、
こちらでご紹介です。
ヌスビトハギの上に…何か昆虫が。

0608himejisos1.jpg

こちらはヒメジソです。
下の浮遊しているようなものは、クモの巣にかかった散った花。

0608inugomas1.jpg

で、最後はイヌゴマです。

日曜日、またネタ集めに出かけてきます♪

カモ~ン♪

…って、正確には、カモ似のアヒルなのですが。



アヒルに親子が餌をあげていました。
ちょっと葉っぱで顔を隠して、これならOKでしょう。
…と気を使う私。

0608ahirus3.jpg

そして、こちらが、その餌を食べているアヒルさん。
やっぱり、茶色の方はカモといった方がスッキリするかもしれませんが、
白いものも茶色いものもアヒルです。

0608ahirus1.jpg

最後は陸にいたアヒル君に近づいてパチリ。

いろどり

サイトが公開から5周年を迎えました。
おかげさまで楽しく続けさせていただいております。
今日、サイトの更新をすませましたが、掲載しなかったエゾミソハギをこちらへ。



この季節、湿地などに色を加えているミソハギです。

0608ezomisohagis2.jpg


0608ezomisohagis3.jpg


0608ezomisohagis4.jpg

クリックすると↑大きく表示されます。
萼などに薄い毛が生えていたのでエゾミソハギでしょうね。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。