風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2006-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふらふら

0611senros2.jpg

イチョウ並木を撮った後、まだ時間があったので三島駅周辺をウロウロ。
踏み切りの遮断機がなかったのですが、この線路は何なのでしょうか。

0611ningyous1.jpg

なんとなく気になった人形。
スポンサーサイト

イチョウばかり



800mほどあるイチョウ並木、さすがに往路はあきてきました(笑)
…といったわけで、ちょっとお遊びを♪

0611ichous7.jpg

こちらは窓ガラスに映ったイチョウを。

0611ichous9.jpg

そしてアップで。

秋はこれから

0611ichous12.jpg

イチョウ並木を歩きました。
通行人や車が大きく写らないように気をつけながらパチリ。

0611ichous11.jpg

イチョウもだんだんと緑から黄色になってきました。

0611ichous13.jpg


0611ichous10.jpg

すごっ!



イチョウを撮りに行く途中で見かけてパチリ。

0611koujis2.jpg

歩道橋



勤労感謝の日、三島市文教町のイチョウ並木を見てきました。
三島市の木はイチョウなのだそうです。

0611ichous3.jpg

まだちょっと緑が多めでした。

0611ichous2.jpg

このイチョウ並木は800mほど続いています。
下も歩いてきたのですが、この続きはまた今度。

くうかくわれるか?



鹿のパンの耳争奪戦です。
撮っていたらにらまれてしまいました(笑)

0611kamos2.jpg

こちらはお互いに食べることができないカモとコイです。

0611hasis1.jpg

イチョウの黄葉は、まだまだこれから。
23日に銀杏並木を撮りに行ってきました。
次回はその写真を。

御社殿?



三嶋大社の御社殿です。
さて神社と寺院の違いがよく分からないため、これも本堂とばかり思っていたのですが…違うのですね。
神体(神様?)をまつっておく建物が、社殿。
本尊(仏様?)を安置してある建物が、本堂。
…なのだそうです。

0611misimataishas6.jpg

これも初めて気づきました。

0611misimataishas7.jpg

御社殿にはたくさんの菊の紋が。
三嶋大社には3種類の紋が使われているものがあるのだとか。
う~???

さて次は



雨なので、三嶋大社にも立ち寄りました。
何か混んでいるなぁ…と思ったら七五三の時期でした。
そのため、どうしても人が写真に入ってしまうことが多いのですが、
このくらいの大きさなら…いいかな…と。

0611misimataishas3.jpg

最初の門のところ。
イチョウは、まだ完全には黄色くなっていませんでした。

0611misimataishas2.jpg

神社って雰囲気のところも一枚。

0611misimataishas4.jpg

立て札がありました。
十月桜です。



雨の日曜日。
山中城跡に立ち寄ってみました。
初夏にはスイレンの咲く、田尻の池。
降ってますねぇ…。

0611soukanjis1.jpg

山中城跡にあった宗閑寺。
降ってますねぇ(笑)

0611soukanjis2.jpg

ここで発見。

0611soukanjis3.jpg

水戸黄門でおなじみの葵のご紋でした。

平和



富士山を臨む田んぼにハトの団体さんが。

0611hatos2.jpg

落ちた稲でも拾っているのでしょうか。
富士山を飛ぶところを撮りたかったので、
しばらくジッと待っていました。
あきらめて立ち去ろうとすると。

0611hujisans2.jpg

そっか、私が動けばよかったんだ(笑)

毛先が球



毛先が球の柱頭にくっついている小さな球は花粉でしょうね。
あらら…黄色い小さいのは他の花の花粉でしょうか。
昆虫はいろいろな花にとまるからしかたないですね。

0611mizosobas3.jpg

この花はミゾソバでした。

0611mizosobas2.jpg

もう一枚。
こちらの方がちゃんと撮れているでしょうか。
淡いピンクのものは葯(やく)、写真下のものは割れて花粉が出始めているところですね。

先週の日曜日



明日、日曜日は雨だそうです。

0611hatos1.jpg

晴れって、ありがたいものだったのですねぇ(笑)

怪我の功名?



キレハノブドウの実です。
日陰のため、青みがかってしまいました。


0611kirehanobudounomis2.jpg

まあ…これはこれでいいのかも。

住人



葉っぱのお家でしょうか。

岩の上

0611toujikaigans2.jpg

あれはなんだろうと…気になりつつも浜辺を散策。
しばらくたってから見ても、まだ何かいるなぁ…。



帰ってから大きくして見ると…予想通り鳥でした。
ウミウでしょうか。

古そう



蛇石峠にあった石仏です。
後ろには石垣。

0611sekibutus2.jpg

横にはキバナコスモス。
満足そうです。

あしあと



海へ向かう足跡、どんなことを想像されるでしょうか。
でも引き返す足跡も。ちょっと安心。
…って、波打ちぎわまで撮りに行ったわたしの足跡なのですが(笑)

0611toujikaigans4.jpg

崖に囲まれた浜辺。
誰も足跡を残すことはないのでしょうか。
それとも夏には洞窟を抜けて遊びに来る人もいるのでしょうか。

こんなとこにも



こんな急な崖の途中にもイソギク。

0611isogikus2.jpg

そして、こんな急な(笑)

0611azetounas1.jpg

こちらは、おまけのアゼトウナです。

伊勢海老



蛇石峠を越えるところで、イセエビ君を発見。
あわてて車を安全なところに停めて。パチリ。

0611ebis1.jpg

いや…だって…こんなところに…こんなものがあったら撮りたくなりますよね。
そ、それに…迷惑がかからないところに停めたし…。

ふぐ



あらら…フグ君が岩の上に干されていました。
釣り糸を切るとか、なにか悪さをしたのでしょうか。

0610inutades1.jpg

こちらは全く関係のないイヌタデの写真です。

立冬の日の富士山

携帯電話のデジカメにて。



11月7日は立冬だったようです。
ちょうどその日の夕方近くに撮りました。
前の日までの雨雲が富士山に薄化粧。
田んぼの赤は、イヌタデです。

あわてて修正を完了。
立冬と冬至を間違えて書いてありました(笑)

帰り道



南伊豆からの帰り道、松崎の海岸線に出ると、おっ!
夕日が。
駐車スペースをちょうど見つけ10分くらい見ていました。

0611yuuhis2.jpg

何石?

何かの形をした石があります。
どれ?



写真中央、土手から川に突き出した長い石。

0610hebiisis2.jpg

川の水を飲んでいるようにも見えます。
この石、蛇石と呼ばれていて、うんちゃらかんちゃらという伝説もあるようです。
しっかりと読んだつもりだったのですが忘れました(笑)

0610hebiisis3.jpg

土手から6mほど表出していた長い天然石なのですが、掘っていくとどのくらい長いのでしょうね。

伊豆の下田から松崎に向かう蛇石峠の近くにありました。

うぉ~!



なんだ?これは?!
ふらりと立ち寄った下田の田牛(とうじ)海岸。
いったいどうやって海岸にこんな砂の斜面を…。
斜度30度、海風で蓄積された砂なのだそうです。
滑走距離45m…滑走って…。
そう小さく子供の姿が見えます。

0610toujikaigans2.jpg

まずい…やりたいかも…そこは大の大人…ぐっとこらえました。

0610toujikaigans3.jpg

しかし、リフトはなく、登らねばなりません。

あとで調べてみると、ここは、サンドスキー場ということで、使用許可と、一人315円(そりの貸出、監視員費用を含む)の料金が必要なようです。
それはそう、勝手に子供が遊んだら、万一の場合、ちょっと危険そうですよね。

さて

もう一週間。
サイトの更新をそろそろしなければ…と思いつつ…。
今日も手をつけられませんでした。
明日には…かも。



まだ元気に咲いていたヤマハッカです。

0610yamahakkas1.jpg

さすがに、がくや葉は色づいてしまっていました。

0610yamahakkas3.jpg

青々



先週の写真ですが。
モミジは、まだ元気に光合成をしておりました。

0610ikes2.jpg

カルガモ君たちも、池の水は、まだ温かいと。

秋ですよ



暖かい日に誘われたのか騙されたのかツクシが顔を出していました。
例年そうなのか今年が特になのか分かりませんが、
広場を細かく見ていくと、いくつか見つかりました。

かくれんぼ



ヤマラッキョウとノコンギクでしょうか。
木の根元に咲いていました。

0610yamarakkyous4.jpg

ヤマラッキョウ、ノコンギクの陰に隠れて、どうやらちゃんと撮らせてくれる気はないようです。

うれてきたかな



水鳥を撮っていたら池の向こうに柿らしき橙色が。
本当に柿かなぁ(笑)

0610kakis1.jpg

こちらは間違いなく柿です。
熟れてますね。
ヤシ(?)の木が奥に。

まくろ



何の花?
最近、撮る花の種類が少なくなり、レンズ交換の余裕が(笑)
近接写真が多くなってきています。
この機会にレンズ交換の習熟を♪

0610waremokous3.jpg

ワレモコウの花でした。
最初、白いものは花弁かとも思ったのですが…。
ワレモコウはバラ科でも花弁はなく、がくが4枚なのだそうです。

0610waremokous1.jpg

よく見ると、白い部分と赤茶色の部分は一続き。
ツボミの時期に光が当たらない部分が白いようでした。
これから光が当たり、日がたつと、この白い部分も赤茶色になるのでしょうね。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。