風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2007-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップUPクイズ



サイトのアップUPクイズでは載せられない、あまり身近でない花です。

さて、何の花でしょう???

2番目の写真がヒント。

1番下の写真が答えです。

0706blogs2.jpg

うんとひいてみました。

ここは富士山の砂礫地。

0706blogs3.jpg

「オンタデ」でした~♪
スポンサーサイト

身近なラン



たくさんの花をつけて豪華ですよね。

0706nujibanas2.jpg

ご存知、ネジバナさんです。
本当は小さな花なのですが、アップで撮れば関係ありません(笑)

0706nejibanas1.jpg

国道1号のこんなところにも気軽に咲いてくれます。

間に合った???



6月17日、標高1700mほどのところで、咲き残っていた
ヤマシャクヤクを発見。
しかし…。

0706yamashakuyakus2.jpg

もう終わりかけで、しべがすべて落ちていました。
よく花びらがそろっていたものです。

富士山2



夏の富士山って、黒い砂礫ばかりのイメージがありますが、
全標高の2/3くらいのところまでなら、木だって♪
針葉樹林のカラマツとかですが。

0706karamatus1.jpg

富士山



御殿場口の五合目から双子山周辺を歩いてきました。
オンタデが薄黄色の花をたくさん咲かせていました。

0706hutagoyamas1.jpg

いつの間にか遊歩道を大きく外れていました。
でも正面には双子山が。

0706hutagoyamas2.jpg

そのまま砂礫の斜面を登ってみました。

紫色



キキョウソウです。
帰化植物なのですが、なかなか可愛らしい花ですよね。

0706yanagihanagasas1.jpg

こちらも帰化植物のヤナギハナガサです。
その後ろでボケているちょっとアカっぽい紫はムラサキツメクサです。
あらら…そういえば、これも帰化植物ですね。

花のバラエティーが増えることは楽しいことです。
帰化植物も節度をもって(笑)がんばってもらいたいものです。

自生?



標高0m、近場の湿地でノハナショウブを思わず見つけてしまいました。

0706nohanashoubus1.jpg

本当に自生なのでしょうか。
咲いていたのは、誰の目にもふれそうもなく、植えるにしても苦労しそうな水の向こうの藪の中。
最近ちょっと疑り深くなっています(笑)

0706nohanashoubus2.jpg

でも、これは自生ということにしておきましょう。

6月の海



土曜日、海につきあってきました。
まだ海水浴には早い季節。

0706umis2.jpg

そこで泳いでいたのは、この2人だけ。
実は私も5月にすでに泳いでいるので…あまり人のことは言えません(笑)

ばった



ドクダミの花にのっていたバッタです。
…と書こうと思ったのですが…
きっとバッタではないですね(笑)

0706battas2.jpg

ナキイナゴ、あるいは田んぼの近くにいたのでコバネイナゴあたりでしょうか…。
まあ…とにかく直翅目ということで♪

秋にはお米




0706tanbos2.jpg

6月3日…

2週間ほど前に撮った写真です。
サイトの更新が滞っておりますが、そろそろ…。



シロガネソウ。

0706kuwagatasous1.jpg

クワガタソウ。

0706hujihatazaos1.jpg

フジハタザオ。

う~ん。
掲載内容を早く季節に近づけなければ…(笑)

ツリー



川の近くの鉄塔。
何か飾りのようなものが。

0706kawaus2.jpg

どうやらカワウのようでした。
こうしてみると、カワウさんたちにとっては、鉄塔も
大きな木の代わりなのでしょうか。

0706aosagis1.jpg

鉄塔の下の方には、アオサギが。
右側のちょっと離れたところには、小枝を集めた巣のようなものが。

かまつか



カマツカの大きな木があったので撮ってみました。

0706kamatukas1[.jpg

「かまっか」とばかり思い込んでいたのですが、
「かまつか(鎌柄)」なんだなぁ…と再認。

0706kamatukas3.jpg

あ…いや…それだけです(笑)

0706kamatukas4.jpg

群生?



とある田舎の神社に咲いていたツクバネソウです。
すごいなぁ…と思ってみたものの…
もしかしたら植えられたものかも…
という疑念が(笑)

0706tukubanesous2.jpg

近くの山には咲いているので自生でもおかしくはないかなぁ…
とも思うのですが。
まあ…楽しめればいいか♪

ウスバシロチョウ

※チョウです。お嫌いな方はご注意ください。
画像をクリックすると大きく表示されます。




ウスバシロチョウです。
こんな姿ですがアゲハチョウの仲間なのだそうです。

0706usubasirochous2.jpg

ちょっと元気がなく、動きがゆっくりだったので、アップで撮ることができました♪

ミヤマハコベ



このミヤマハコベは、ハコベよりも花が大きいです。
しかし大きいといってもマクロで撮ってしまえば、普通のハコベだって大きく見えるので、比較ができません(笑)

0705miyamahakobes1.jpg

…ということで、一円玉とミヤマハコベを並べてパチリ。
一円玉って大きいなぁ…って、おい(笑)

一円玉の大きさが、直径20mmなので、このミヤマハコベの花は、直径14mmほどでしょうか。
図鑑によるとミヤマハコベの花の直径は10~15mmほどということです。

でかっ!



ちょっと前に話題に上がった「まむしぐさ」です。

0705oomamusigusas3.jpg

う~ん。
これは「オオマムシグサ」あたりの分類に入るのでしょうか。

0705oomamusigusas1.jpg

ペラッと…。
デカッ!
個体や成長の具合によって、いろいろなようですが、
めくってみて、思わずビックリの大きさでした。

ベニコメツキ



山などで、たまに見かける赤い甲虫。
図鑑で調べてみると、ベニコメツキというもののようでした。

0705benikometukis2.jpg

小さな虫なのですが、触覚のつくりが凝っています。

先々週…



先々週、行った南伊豆の高通山からの景色です。
暖かい地域だからでしょうか。
ヤマツツジも終盤でした。

この日に撮った花、まだサイトに更新していません。
はやくしないと(笑)

6月か~。



…ということで、一番身近な?野生のアジサイ。
コアジサイです。

0705koajisais1.jpg

モミジイチゴの実と一緒に。

0705koajisais3.jpg

豪華なアジサイよりも、好みかも♪

岩の上



南伊豆の山の頂。
見るべきものは、あまりないなぁ…と、岩の反対側をのぞくと。
花はまだまだ先ですが、ツメレンゲがスクスクと育っていました。

0705tumerenges2.jpg

岩は触ってみると暖かく、いかにもツメレンゲが好きそうな場所でした。

草地



オカオグルマです。
この花もサワオグルマと見分けが難しいのだそうですが、
サワオグルマは見たことがありません(笑)
ただ印象としてサワオグルマは小さい花をたくさんつけるイメージ。
また、オカオグルマの方が毛深いのだそうです。

0705kaijindous1.jpg

カイジンドウです。
キランソウと比べ、花がたくさんで豪華ですね。
並べてみると似ているような花の形もハッキリと違うことが分かりますね。

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。