風まま気まま

風の向くまま…気の向くまま…そんな写真です。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶畑



お茶の色といえば、グリーン?
茶色はブラウン。
じゃあ…お茶色は?

昔のお茶は今と違う製法をしていたために茶色をしていたのだそうですね。
スポンサーサイト

コメント

へぇー

おはようございます。
へぇー、始めて見ました。
でも、画面ではタワシガ背伸びしたみたいに見えます。

なんか良いところですね。
段々畑の下、竹やぶの向こうに川が流れてたら
最高。
赤い屋根は牛舎かしら(家だったら御免なさい。)
畑の中の赤いのは、耕運機かなーーなんて
色々想像して楽しみました。

motoさん、こんばんは(*^_^*)
>画面ではタワシガ背伸びしたみたい・・・爆笑))))
緑茶じゃなくて茶茶(σ。σ)?      


>oribitoさん、春さん

あっ!深夜の投稿だったので、大事なことを書くのを忘れていました。
すみません。
茶色の茶畑は、葉を摘み終わり、坊主にされた葉のない木でした。
坊主の茶畑も、なんかいいかもと思って撮っておいたものです。

oribitoさん、遠くの緑の中の赤いのは小さなショベルカー(ユンボ?)みたいなもの、赤い屋根はウシはいなかったようなので、何かの倉庫のようでした。

春さん、昔のお茶は、茶の緑の葉を天日で干して茶色になった茶葉から煮出していたのだそうで、鮮やかな緑色は出ずに茶色だったということです。
現在のような緑茶ができたのは江戸時代中期くらいなのだそうです。
検索して調べてみました(笑)

何で茶色なんだろうと思ったら、摘んだ後なんですね。
しか~し、こんなに見事に摘んでしまっても、ちゃんとまた葉っぱが出て来るんですね。

枯れてしまった茶畑…?
除草剤でもまかれたのか…?
と思っていました。

>SAKURAさん

私も初めて見たので気になりました。
その後、地元の茶畑でも同じような状態のものを見かけました。
なんか理由がありそうですね。
お茶の木に苦境を与えた方が翌年おいしい茶葉が出てくるとか(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://motos.blog6.fc2.com/tb.php/128-4bd402a1

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ブログの管理人、motoです。

ブログの管理人、motoです。

↓サイトの管理人もしてます。
「下を向いて歩こう」
トップページへ

↑ご覧になってくださいね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。